プロフィール

ちゃっちゃんとハチ

Author:ちゃっちゃんとハチ
人生半ばを過ぎて、今までも楽しくやって
これたけど、こんなもんか。っと妥協する
事なく、これからも「好奇心」「向上心」
「行動力」をモットーにいろいろな楽しい
事を見つけていきたいな。
最近は山歩きにハマッテます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪山に行ってきました。

7/7-7/9に北海道・大雪山に行ってきました。
旭川空港8;30到着・レンタカーで旭岳ロープウェイに向かいます。
空港を出てすぐに路側帯にラベンダーすぐそばに牛道は真っ直ぐで
信号ほとんど無し。ナビの画面には一本道と川だけ。と北海道感を
大いに味わいながら進み、途中買い出しする店もなく到着。
10;00で無料駐車場はもう満車でしだ。

ロープウェイ内での映像に快晴の大雪山系の山々。
それだけで心躍ってしまうのでした。日本一の国立公園
カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)大雪山姿見駅を降りるともう絶景
004_convert_20120826141932.jpg


早速、木道を降り雪道を横断。関東ではチリチリに熱いのにここは
別世界。そして遠くに旭岳(山頂付近はガスガスで見えず)
足元には大お花畑。ずっと見たかったエゾノツガザクラ。
チングルマ・エゾコザクラに感激
092_convert_20120826152435.jpg


お花ばっかり見ていては先に進めないので、一生懸命登る事にする。
足元の石が徐々に大きくなり歩きにくい。時々振り返ると広大な
北の大地。「広さは大雪山で知れ」に納得。かなり高度感が出て
きた所で、
asahi1_convert_20120826142929.jpg

風とガスが酷くなり、ガスガスの中を進み、大きな岩
(金庫岩とニセ金庫岩)を確認し山頂に到着
026_convert_20120826154414.jpg

asahi2_convert_20120826150506.jpg

広い山頂からの眺めは残念ながらガスがささっと無くなった時だけの
限定版だったけど、慌てて降りなくてもいいわけで、のんびりとする。
急に晴れて来た時の景色を慌てて残そうとしているともう真っ白。
なんて事をしながらコーヒー&カレーラーメンに舌鼓(なんでこんなに
美味いんだ?)賑やかだった山頂から一組二組下山し始め、とうとう
私たちだけになってしまったので、ちゃらけた記念写真を撮る。
あたり真っ白の中、一段高い所に登り、「今、北海道で一番高い所
に立ってるのは俺様だ。」的優越感に浸る

下りは撮り残したキバナシャクナゲやジムカデなどを写真に収め、
一段とガスガスな中を進む。だいぶ下りた頃、
とうとう雨が降ってきて合羽を着る。山歩きを始めて2年、
本格的に合羽を着たのは初めてでした。
050_convert_20120826155429.jpg
(うう~~写真の縮小が難しい

姿見の池まで戻り、誰もいなかったので愛の鐘をつく
最後に雄大な景色を360度眺めRW駅に向かう。
011_convert_20120826151218.jpg



旭岳温泉に浸かりたかったけど、遅くなってしまったので諦めた。

帰り道ナビさんが「31キロメートル先 右折です」とアナウンス
画面を見ると真ん中に道が一本あるだけでした。
30キロ以上の一本道。さすが北海道。


スポンサーサイト

山歩きにハマってます

私が山にハマりだしてからほぼ2年。きっかけは「尾瀬」でした。

誘われてそういえば行った事ないな。だけど足には全く自身のない私、
せっかくの尾瀬を楽しむ為には自主トレするっきゃないでしょう。
という事で慌てて車通勤を電車通勤に変え、最寄駅まで2キロと
降車駅から会社まで2キロ(往復8キロちょい)を20日間歩き、
そして見事尾瀬歩き(20キロちょい)を完歩しその時の感動と
興奮が歩く事への興味へと繋がっていったのでした。

それから渓谷歩きになり、いつの間にか山歩きに変わり、
辛さが気持ち良さに変わるという事を体が覚え(?Mかいな)
大自然の中で、癒されながらも体が鍛えられていく事の喜び、
満足感にすっかり虜になったのでした。

そして今回、大雪山旭岳・黒岳歩きとなりました。


この花は?

110707_0959+01_convert_20120721181003.jpg


デリケートなのか私が無知過ぎるのか?
日当たりの良い窓際に置いてます。
葉っぱが出てきても途中で変色したり変な形になってしまったり、
そして大体は落ちてしまうためこんな形になってしまいました。
どうもお水をやり過ぎてはダメのようです。

もうすぐ・・・

ちゃっちゃん
7/21は、ちゃっちゃんが我が家にやって来た日。
平成9年の事でした。最初は外飼いの予定だったけど、
あまりの愛おしさに、翌日には家の中用ハウスを用意し、
それ以来この子中心の生活に様変わりしたのでした。

平成23年の1月から永遠の13歳7ヶ月になってしまったけれど、
いつまでも生き続けているのです。

はじめまして

わけもわからずとりあえず始めました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。